恋愛のイロハ

恋愛体験談のいろいろ

恋に駆け引きは不要。駆け引きが要るような相手は、きっと疲れる。

恋愛マニュアルで、「気になる相手を振り向かせるには、こういった駆け引きが大事」みたいな
特集を見ると、いつも、「振り向かせた後は大丈夫なのかなぁ」と、心配になる事があります。

 

メールは早く返事したらダメだ、焦らせるのが良いとか、いやいや早く返した方が、あなたが
相手に気があることが伝わって、アタックしてもらえやすいよ、とか…。
そんな方程式に、全員が全員あてはまる訳はありませんよね。

 

忙しい時は後で返事、暇な時はすぐ返事、で良いんじゃないでしょうか。
自分を優先しつつ、相手に合わせられる時は合わせる。
メールに限った事ではなく、自然体でうまく行くか、受け入れてもらえるかが重要だと思うんです。

 

先のことは、とりあえず付き合えてからだ!!という気持ちも分かりますが、
基本的には付き合う=後々結婚…位考えるのが、良いかと思います。
特に結婚願望のある女性の場合は尚更です。

 

「彼氏は自分勝手だし、私の望むこともあまりしてくれないけれど、情はあって…
でも結婚するとなると彼では心配。でもでも、また新しい恋が出来るか保証はないし」
と、今の恋にしがみついて、婚期を逃している女性の多いこと多いこと。

 

結婚願望があるのに、そんな相手といつまでも付き合っているのは時間の無駄ですよね。
情があると別れにくい…そんな物持ちの良い方ほど、付き合う時は慎重になるべきです。
慎重になるとは、恋の駆け引きなんぞせず、相手が結婚するに値する相手かをしっかり見極めて
早めに自分の素を見せておくこと。
それで付き合えたら、結婚に持って行きやすいですし、背伸びやごまかしをしていない分
その後が楽になります。

 

逆に付き合う為に自分を偽ったり、無理をした場合、必ず後々それが原因で問題が起こります。

 

女性は、一番好きな人より、二番目や三番目に好きな人と結婚した方が幸せになると言います。
これは、自分をよく見せようと無理をせず、「まぁなるようになればいっか」と気楽に付き合える
相手の方が、自分を理解してくれているし、自分も楽だからという事に尽きると思います。

 

是非、恋するなら、自然体でも付き合える方と付き合って下さい。

季節の変わり目に着るもの

季節の変わり目は、着るもので何かと困ることが多いです。とりわけこれから暑くなる時期というのは、どういう格好をすればいいのか、色々と考えさせられますね。
外の気温が二十五度を超えてくるころに道行く人を見ていると、まだ春物の上着を着ている人もいれば、早々に夏服に移行している人もいます。服装はあくまでも個人の体感に合わせるものなので、厳密な衣替えの時期を待つ必要はないかもしれないですが、個人的には、前の季節を著しく引きずっていたりフライングに近い格好は避けたいものだな、と思ってしまいます。
もっとも、この国の春と秋は過去に比べるとずいぶん短くなってしまった印象があります。そのためか、春用に軽いコートやジャケットを買ってもほとんど着る機会がないんですよね。あっという間に長袖のシャツ一枚でちょうど良くなり、六月まで待たずに半袖になるといった具合でしょうか。そのあとは十月半ばまで半袖が続くという昨今の現状なので、春や秋などの中間の季節に着るものはだいぶ手持ちが少なくなりました。
本当は一番過ごしやすい季節こそおしゃれを楽しみたいところですが、いつも周りの様子をうかがって慎重になっているうちに終わってしまうのが残念です。

倹約しなければいけないのに

ゴールデンウイークですね。遊びに行く人も大勢いらっしゃるでしょう。私は、6日に遊びに行く予定を立てていましたが、キャンセルです。新幹線で東京に行く予定を立てていましたが、新幹線も空席がありません。結果、毎日お部屋でのんびりコースになりました。まあ、そんなお家でほっこりする大型連休があってもいいですよね。
予定のキャンセルの原因は、先の半年でお金を使いすぎたため、倹約生活まっしぐらなことのためなのですが、節約しなければならないのに、昨日もちょっと電車で30分かけて買い物にいっただけで3万円ほど使ってしまいました。内訳は、アイドルのライブのブルーレイ1万、CD3枚で4000円ほど、ドラッグストアでシャンプーとか制汗剤とか細々としたもの5000円くらい、その他いろいろ…。なんでたまに買い物に行くとこんなに使ってしまうんでしょうか。今月のお小遣いを使い果たした感があります。もう1,2回は遊びに行きたいのに。
母もスーパーから帰ってくるたびに、今日も1万円使っちゃったなどと、学習能力のないことを言っているので、ムダ使いする家系なのかもしれません。まあ、貯金ばかりしていてもしかたがないので、使うときは使わないといけませんよね。それにしても使い方がひどすぎるのかもしれませんが。
とにかく、来月は絶対に行きたいイベントがあるので、それまでは倹約して、そのときにパッと使ってしまおうと思っています。

簡単!たけのこのあく抜き

たけのこの季節です。
私の実家は京都でして、実家にいたころはこの時期になると嫌というほどいただいては、苦行のように毎日食べさせられたものでした。贅沢なようですがあえて食べたいとは思わなかったものです。
結婚して関東に住み5年が過ぎました。嫌になるほど食べさせられていたたけのこが、この時期になると食べたくなります。水煮なら一年中手に入りますが、掘りたて、ゆでたての味、歯ごたえは格別。めんどくさがりな私ですが、美味しいものを食べるための努力は惜しみません。生のたけのこをゆでてあく抜きし、煮物、お吸い物、炊き込みご飯に炒め物とあれこれ楽しんでいました。
しかしなにしろ、下ゆでのめんどくさいこと!いや、ゆでること自体は簡単なのですが、ゆでた後のぬかの始末がめんどくさいこと極まりない。目の細かい漉し紙(不織布など)を通さなければぬかで排水管が詰まってしまいます。反面、目が細かいとなかなか水が抜けません。
昨年、いい方法を知りました。ぬかの代わりに、椿の葉を使うのです。椿の葉なら、うちの庭に、文字通り掃いて捨てるほどあります!

 

大きな鍋にたけのことたっぷりの水、椿の葉を入れてゆでてみました。
大成功!あくは抜け、しかも旨味と香りはしっかり残ってます。この方法、ぬかより簡単な上に、おいしい!もうぬかを使う方法には戻れません。

久々にイベントに参加してぐったり

先日とあるビッグイベントに参加してきました。世界からすごい人が集まるのですが、それが日本で開催されたんです。
恐らくこんな機会はきばらくないでしょう。なのでだいぶ前からチケットを確保していました。
実は私は普段あまり外に出ないので、このような人が大勢集まるイベントに参加するといのは久しぶりでした。
そのためイベント会場に着いた時点であまりの人の多さにフラフラしてしまったんです。
それから照明もものすごく明るくて疲れてしまいました。
なにしろ自分の部屋では間接照明しか使っていないので、このように全体が明るい場所に行くというのがあまりないんですよね。
そのためイベントを心から楽しむということがあまりできませんでした。
できれば楽しみたかったのですが、やはり慣れていないところに行くとヘトヘトになってしまいますね。
その日は車で行ったのですが、イベント会場を途中で抜け出し車に戻ったころには疲れてぐったりしていましたよ。
本当はそのイベントの別の日のチケットも取ってあって、参加する予定だったのですが無理そうです。
昔はどんなに明るい場所でも人が多いところでも全然平気だったんですけどね。
体力も精神的な丈夫さもすっかりなくなってしまいました。


ホーム RSS購読 サイトマップ